交際費

交際費を節約するためにおさえておきたい5つのポイント

2016/09/09

スポンサーリンク

交際費は相手や状況によって重要度や支出内容が変わるし、自分の要望だけを通すのもなかなか難しいと思います。かといってなんでもかんでもお付き合いしていたら時間もお金も持ちません。

自分の中で優先度を決め、断るべきはしっかりと断れるように予め準備しておきましょう。

大人数での飲み会や食事会は積極的に幹事になろう

幹事を引き受けるかわりに、自分のクレジットカードで支払うことを最初に宣言しましょう。
幹事の手間を考えたらクレジットカードでの支払いを咎める人はまずいません。
あなたのクレジットカードで支払っても損をする人は誰もいないわけですから。

クレジットカードでの支払いでそれなりの額のポイントを貯めることができます。
予算5,000円で10人の飲み会であれば5万円分のポイント。
5万円の買い物をクレジットカードですることってそんなにないと思います。

なお、クレジットカードで支払うことは必ず最初に宣言しておきましょう。

何も言わず、いざ会計の時になって参加者から現金を集めて自分のクレジットカードで支払っていることを見られると、あらぬ疑いをかけられる恐れがあります。

クレジットカードで支払うことについては恥ずかしがらず、どうしても欲しいものがあるからポイントを貯めてるなど、はっきりと理由を言えばいいのです。

スポンサーリンク

インターネットの割引きを活用

クーポンはもとよりインターネット専用のメニューがある場合もあります。ふらっとお店に入るその前に、インターネット検索してひと手間かけてからお店に入りましょう。

飲み会は1次会で帰る

2次会、3次会と付き合いたいのであれば話は別ですが、そうでなければ1次会が終わったタイミングで、’お疲れ様でした。今日は帰ります。’ と挨拶して帰りましょう。

2次会に付き合わない理由をあえて言う必要はありません。

しつこく誘われるようでしたら、家の用事など、あたりさわりのないプライベートな理由で、でもはっきりと断りましょう。

決してあやふやな態度だけはとらないように。

気乗りしない誘いはきっぱりと断る

上司や先輩の誘いなど、断りづらい場合も多々ありますが、だからといってしぶしぶ付き合うと雰囲気から相手に察知されてお互い嫌な思いをするかもしれませんし、楽しくない飲み会はお金と時間の無駄です。

しっかりと断ることができればおいそれと誘われることはなくなるでしょうし、人間関係も大事にしたいのであれば、自分の気が向いたときに逆に誘えばいいのです。

POINT

◇お金を理由に断る。持ち合わせがない、貯金したいなど。
◇健康を理由に断る。肝臓の数値が悪い、ダイエット中など。
◇趣味を理由に断る。家に帰ってやりたいことがあるなど。

仕事の忙しさや共通の知人との約束などを理由にすると、後で誤解されてしまう可能性があります。

相手の知りえない自分のプライベートを理由にする

のが、相手を不快にさせずにうまく断る秘訣です。

終電は逃さないように

お金への影響が一番大きいのが、電車を逃したあとのタクシーですね。
一駅分、二駅分走るだけですぐに数千円単位になり、非常に大きな出費です。
終電チェックは乗り継ぎ時間も考え、できれば終電一つ前の電車で帰るクセをつけましょう。

終電で帰っている途中に電車事故などが起きるのはめずらしいことではありません。

なお、途中の駅で降りざるをえなくなった場合は、明日の予定に余裕があるのであればネットカフェやサウナを利用することも検討しましょう。

まとめ

交際費は円滑な人間関係を維持するためになくてはならないものです。
あくまで人間関係を第一に考え、交際費の目標はあえて立てず、結果として節約できたお金を次の交際費のために使うように管理することをおすすめします。
お金と生活の知恵


-交際費
-, , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP