家計管理の基本 - 快適クレジットカード生活

家計の管理

家計管理の基本

スポンサーリンク

なにはさておき、最初にやらなければいけないことは、

現状の収入と支出を把握すること

これに尽きます。なんとなく節約を始めたとしても、どれだけの節約効果があったのか後で具体的な金額が把握できない限り、いくら貯蓄に回すことができるのか分からないし、そもそもモチベーションが保てません。

支出の把握

お金を使った時は履歴を必ず残すようにします

・レシート
・通帳
・クレジットカードの利用明細
・電子マネーの利用明細
・Webサイトでのショッピングの記録

この他にも自動販売機での買い物やバスの利用など、履歴が残らないような支出は携帯電話のメモ帳機能などを利用して購入履歴を付けておきましょう。

それと漏れなく把握しておかなければいけないのが、自動車税や固定資産税、ボーナス一括払い等の特定の月に必ず支払いが必要になる支出。
この他にも事業による支払いや個人でのお金の貸し借りなども考えられます。

支出に漏れがないように記録しておくのが家計管理の第一歩なので、まずは家計簿をつけることから始めましょう。

家計簿はパソコンを使える方であればいろいろなフリーソフトがありますし、パソコンでなくても手書きの家計簿ノートで構いません。

家計簿をつけるのは慣れるまでは大変ですが、現状の把握なくして改善はありません。生活の改善に家計簿はなくてはならないものと割り切って頑張りましょう。

なお、レシートを溜めたり家計簿をつけるのがどうしても苦手という方は、ちょっとした普段の買い物もクレジットカードを利用することで、ネットの専用サイトで支払い明細が一目で把握できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

収入の管理

収入が不安定な職業の場合、まずは生活に必ず必要な固定費を下回らないようにしなければいけません。

転職したり副業を検討して収入アップを図るのも一つの手ですが、どれもすぐに成果が出るとは限らないのでまずは貯蓄することを心がけましょう。

例えば生活に必要な固定費の数か月分を貯蓄することができれば、いざという時にも余裕を持って次の行動に移ることができます。

逆に貯蓄が全くなかったとすると、極論すれば路頭に迷うこともありえます。

貯蓄のコツはとにかく強制的に貯めること。

手元にあれば使ってしまう可能性があるので、ないものとして自動的に貯蓄できる仕組みを作ることをおすすめします。
お金が強制的に貯まる環境を作ろう

家計簿のつけ方

試行錯誤しながら自分に合った方法を見つけましょう。
科目(費目)で悩む方もいるかと思いますが、細かく分類するよりは大雑把でもいいので漏れなく記載することが大事です。家計簿の目的は収入と支出を把握して家計の無駄を見直し、生活に余裕を持たせるようなお金の流れを計画すること。
ここでは一例を記載します。参考になれば幸いです。

科目(費目)例

収入

◇給与
◇賞与
◇雑収入

継続的に入る収入とその他の収入で分けています。自営業の方は売り上げでもいいと思いますが、その場合は仕入れや経費を除いた純利益を記載するようにしましょう。

固定費

◇住居費(住宅ローンや家賃)
◇光熱費(電気、水道、ガス)
◇通信費(固定電話、携帯電話、ケーブルTVやインターネット代)
◇保険料(生命保険、学資保険)
◇教育関連費(学費、給食費)
◇税金関係
◇その他(雑誌の定期購読、医薬品、化粧品の定期購読、食材宅配)

年に1回払う自動車税や固定資産税など、税金関係は支払いを忘れないように予め支払い月に費用計上しておきましょう。月々の支払いはクレジットカードの口座引き落としにしておくと支払い忘れがなく明細も確認でき、現金相当のポイントも付与されるのでおすすめです。

変動費

◇食費(外食も含む)
◇日用品費(生活の身のまわり品)
◇医療費
◇被服費(洋服、靴、カバン)
◇娯楽費(遊園地、アクセサリー)
◇交際費(飲み会、冠婚葬祭、お年玉)
◇理美容費(散髪、エステ、ネイルケア)
◇ペット費
◇お小遣い
◇その他(年に1回の家族旅行、数年に一度の海外旅行)

とにかく支出を漏らさないようにレシートや領収書を保管することと、毎日少しずつでもいいので家計簿に記載しておくこと。

月末にまとめて処理しようなんて考えていると、結構とんでもない作業量になります。

変動費も固定費と同じくクレジットカードを利用すると支出管理が楽になるしポイントも貯まりますが、固定費と違ってクレジットカードを利用する時に注意すべき点は買いすぎてしまうこと。

現金での支払いと違ってお金の減り具合が目に見えるわけではないので、どれくらいまでなら借り入れせずにクレジットカードで支払えるかおおよその判断がつかない場合は、クレジットカードで支払うものを限定してしまいましょう。

例えば食費と日用品はクレジットカードで支払い、その他は現金で支払う、または、その逆。

家計簿をつけてお金の流れが管理できれば、そのうちクレジットカードでの支払い範囲もおのずと把握できるようになります。

予備費

貯蓄には回さないけれども、いざという時のために手元に置いておく現金です。事故や病気による入院、冠婚葬祭(特にお葬式)など、急にまとまったお金が必要になる場面は多々考えられます。

これらはクレジットカードで支払えない場合もあるので、必ず一定額を手元に置いておくように心がけましょう。

ただし、例えば10万円などの一定額を決めて手元に残せたら、それ以上を積み立てる必要はありません。急な支払いには現状でどのような場面が想定され、そしていくら必要になるか、家族で決めておくことをおすすめします。

貯蓄

収入から固定費、変動費を引いた余りのうち、必ず貯蓄に回す金額を決めます。最初は月5千円や1万円など、無理のない範囲で設定し、余裕ができたら徐々に設定額を増やしましょう。

家計簿の書き方

収入から固定費・変動費を引いて、いくら貯蓄に回せるかが一目でわかるようにしています。

original-household-account-book

このオリジナル家計簿はExcelでダウンロードできるので、興味ある方は是非ご利用ください。

家計簿ファイルのダウンロードはこちらから

家計管理の基本 -まとめ-

家計の収入・支出を管理できるようになったら、家計の計画を立てて予算化しましょう。
予算化することで無駄な支出を減らし、確実に予算を実行することで貯蓄を増やします。
家計管理と予算の立て方


-家計の管理
-, , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP