サイト運営で大きな稼ぎに挑戦 - 快適クレジットカード生活

ネットで稼ぐ

サイト運営で大きな稼ぎに挑戦

2017/04/20

スポンサーリンク

ポイントサイトやアンケートサイト、クラウドソーシングはあくまで

[既存のサービスを利用する]

ですが、自分で独自ドメインを取ってサイトを運営することは

[ネット上に自分の店舗を構える]

ようなものです。ネット上でサイト運営をして稼ぐためには大きく

◇商品やサービスを売って稼ぐ
◇広告を貼って稼ぐ

二つの方法があります。その他にもコンサルティングサービスを提供して稼いだり、オリジナル商品を開発したり本を執筆して稼ぐ方もいますが、当サイトではより万人向けに上記二つに絞って紹介します。

まず最初に始めること

インターネット上にサイトを公開するためには大きく分けて、

◇ドメイン
◇サーバー
◇コンテンツ

が必要になります。ドメインは//xxx.xxxで始まるインターネット上の住所と思ってください。
サーバーはサイトを稼働させるためのコンピューター。中には自分で設置する人もいますが、通常はレンタルします。
ドメインが住所だとしたらサーバーは店舗ですね。
そしてコンテンツはサイトの記事。このサイトだとクレジットカードを中心に生活の助けになるような記事を公開しています。

記事はさておき、まず最初はドメイン(住所)とサーバー(店舗)を準備します。
これらがないと記事を書く事ができないですからね。ドメインとサーバーについては大きく分けて、

◇無料ブログを利用
◇自分で準備する

の2つがあります。無料ブログはその名の通り、ドメイン代もサーバー代も不要で無料で利用することができるのですが、

◇アドセンスなどの広告が制限されている
◇アフィリエイトが制限もしくは禁止されている
◇自分で書いた記事が突然消されてしまうことがある

のように、サイト運営して稼ごうとすると制約が大きく、はっきり言っておすすめできません。
ドメイン代やサーバー代を自分で準備しても月数百円~月数千円ほどで済む場合がほとんどなので、無料ブログではなく最初から自分でドメイン、サーバーを準備することをおすすめします。

スポンサーリンク

商品やサービスを売って稼ぐ -アフィリエイトー

通常商品を売る場合はネット上の店舗であっても仕入れ・在庫・発送・代金回収が必要になりますが、アフィリエイトの場合はASPと呼ばれる会社が商品を売りたいメーカーとネット上でサイトを運営している人を仲介し、ネット上のサイトで商品を紹介して売った人に対して一定の報酬がサイト運営者に支払われます。

アフィリエイトの仕組み

affi

1.広告主⇒ASP
商品広告掲載を依頼

2.ASP⇒サイト運営者
商品広告掲載の募集

3.サイト運営者⇒一般消費者
自分のサイトに商品広告を掲載して公開

4.一般消費者⇒サイト運営者
あなたのサイトで一般消費者が商品を購入

5.サイト運営者⇒ASP
一般消費者があなたのサイト経由で商品を購入した購入履歴データを自動収集

6.ASP⇒広告主
あなたのサイトからの購入履歴を広告主が確認

7.一般消費者⇒広告主
あなたのサイト経由で一般消費者から広告主に商品代金が入金

8.広告主⇒ASP
広告主は6のASPによるあなたのサイトからの購入履歴と7の入金を持ってあなたへの報酬支払いを確定

9.ASP⇒サイト運営者
サイト運営者(あなた)に対して事前契約による報酬の振込み
運営者に対してASP経由で広告主から商品売り上げに対する一定の報酬を支払い

アフィリエイトの利点と留意点

広告主はASPを介して自社商品を掲載してくれるサイト運営者を募集することで、商品販売のためのサイト開発費などを抑えることができますし、サイト運営者は在庫などのリスクを負う必要はありません。

ASPは広告主からの依頼に対して一定の報酬をもらう代わりに、サイト運営者のサイトから商品が売れたかどうかのデータトラッキングや不適切なサイトがないかを管理しています。

ネット上でサイトを運営するあなたは商品が売れた分だけ手数料をもらえ、もらえる手数料に上限はありません。また商品が全く売れなかったとしてもペナルティなどは一切なく、ASPからの報酬が支払われないのみです。

ネット上でサイト運営するためのサーバー代と独自ドメインだけの費用負担で始めることができてリスクもないために参入する人も多いのですが、アフィリエイトをしている人の95%は月に5,000円も稼げないとよく言われます。

なぜかというと例えばASP大手のa8だけをとっても約200万サイトが登録されており、カテゴリが違うので一概には言えませんが、サイトから商品を購入する人は上位4~5サイトくらいしか見ないものなので、星の数ほどあるサイトの中で狙ったキーワードで常に上位表示させる必要があるし(SEO)、更にサイトを訪問した人が商品を買いたくなるような魅力的なコンテンツを作成しなければいけません。

なのでアフィリエイトサイト運営には相当高度なスキルが必要なのですが、とはいえ個人で月に数百万円単位で稼いでいる人がいるのも事実です。

アフィリエイト自体はリスクがほとんどないのですが、必ず稼げるような手法はほぼ存在しないと言ってよく、試行錯誤しながらひたすら努力を続けるしかないでしょう。

ASPの利用は完全無料なので、まず最初はASPに登録するところから始めてみましょう。

広告を貼って稼ぐ -アドセンスー

アドセンスはGoogleが提供している広告プログラムで、サイトがGoogleの審査に通れば誰でも広告を貼ることができます。

アフィリエイトと大きく異なる点は、貼った広告を誰かがクリックすれば報酬が確定します。

1回のクリックは数十円~数千円単位ですが、アフィリエイトのように商品を購入してもらわないと報酬が発生しないわけではないので、サイトにアクセスを集ることさえできればそれなりの報酬が期待できます。

サイトの審査はそれなりに厳しく貼ることができる広告数も制限されるのですが、アフィリエイトのようにASPの登録商品ありきではなくサイトのジャンルは公序良俗に反しない範囲で自由なので、アフィリエイトよりは参入しやすいといえます。

Google以外にも同様の広告プログラムを提供している会社は他にもありますが、クリック単価はGoogleが一番いいのでまず最初はアドセンスに登録するところから始めてみましょう。

すぐに結果は出ない

ネットを活用して稼ぐことの大きな利点はおおよそ以下となります。

◇低リスク
・パソコンとネット接続環境だけで始めることができる
・莫大な初期投資は不要

◇効率性の良さ
・作業をするのに時間と場所を選ばない
・副業に向いている

◇継続性の高さ
・仮に失敗したとしても再度サイトを作ればよい
・最小限のダメージで済む

◇収益性の高さ
・サイト運営が軌道に乗れば24時間365日サイトからの収益が期待できる
・仮に月10万円稼ぐサイトを10個持てれば月100万円の収入

いいことだらけに見えますが、現実的には月10万円稼ぐサイトを作り上げるまでに1年以上かかることもめずらしくなく、サイトを公開するまでの労力に対して収入は0でサイトを公開したとしても稼げるようになるかどうかの保障は全くないので、途中で挫折してしまう方も少なくありません。

サイト運営で大きな稼ぎに挑戦 -まとめ-

サイト運営で稼ぐには、ひたすら試行錯誤しながら努力を続けるほかありません。
サイト運営のためには様々なITスキルも必要なため、サイトを公開するまでに相当な労力がかかります。

サイト運営に関しては無料で質問を受け付けているので、
サイトポリシー を確認のうえ、お問い合わせフォーム からお問い合わせください。

よって収入アップだけではなく、少しでも支出を減らすための施策も合わせて検討しましょう。

支出を見直す


-ネットで稼ぐ
-, , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP