知って得する貯金術

お金が強制的に貯まる環境を作ろう

スポンサーリンク

結論から言うと、貯蓄専用の口座を準備してそちらに毎月一定額を振り替えます。

定額貯金としてもいいのですが、一定期間引き出せないといざという時に意味がないので引き出しの条件については事前によく確認しておきましょう。

STEP1:お金の出入りを把握する

家計簿でもつけていない限り、特に支出に関しては何にお金を使ったのか完全に把握するのは容易ではありません。

逆に言うと、毎月の支出を全て洗い出せれば貯蓄に回せる金額がみえてきます。

最初は大変かもしれませんが、一旦全支出項目が洗い出せれば毎月そんなに変動するものはありません。領収書がないものは、例えば外食費でもいいので大まかにカテゴライズして整理しましょう。

このステップで行うこと:
以下について明細と金額を明確にする
◇全収入
◇全支出

スポンサーリンク

STEP2:貯蓄の目標金額と達成のための期間を設定する

まず最初に貯蓄の目標金額を設定しましょう。特に必要なものがなくても、漠然とした金額で構いません。

金額目標を設定すること自体が重要

なのです。

金額目標を設定したら、STEP1で洗い出した項目 [特に支出] で減らせるものがないか検討してみましょう。

例えば半年間は何があっても外食や飲み会には参加しない、でも構いません。

仮に外食や飲み会で毎月2万円支出があったとすると、単純に言えば半年間は2万円を貯蓄に回せることになります。

貯蓄目標金額を50万円とすれば、毎月2万円貯蓄すると過程して2年1ヶ月かかります。

ただ現実的に2年以上も外食や飲み会に行かないことは難しいでしょう。

なので、支出明細とにらめっこしながら無理のない範囲で貯蓄目標金額と期間を設定するのが重要になります。

このステップで行うこと:
STEP1の全収入・全支出明細から、無理のない範囲で貯蓄目標金額と達成するための期間を明確に設定する。

STEP3:貯蓄専用の口座に毎月設定した金額を振り込む

貯蓄専用の口座を準備し、STEP2で設定した金額を毎月振り込みます。

支出の一部分を貯蓄に回すわけなので、間違いなく支出を管理するためにカテゴリ(生活費、交際費等)ごとに口座を作るやり方もありますが、結局煩雑になるので個人的にはおすすめしません。

それよりも確実に貯蓄を実行するために以下の3点をおすすめします。

◇貯蓄専用口座は普段の生活圏から離れた銀行で作る
◇貯蓄専用口座の通帳、キャッシュカードは金庫などに保管して持ち歩かない
◇振り込む日は必ず給料日直後にする

どうやって管理するか、よりも、どうやって間違いなく実行するか、のほうが重要です。

できれば貯蓄専用口座は最寄り駅に支店がない銀行がいいでしょうし、通帳やキャッシュカードは少し手の届かないところに保管したほうがいいかもしれません。

そして必ず給料日等、まとまった収入がある日の直後に振り込みましょう。
細かな管理をしていてもお金が手元にあると結局使ってしまうものです。

変な話ですが、貯蓄専用口座に振り込むお金は無いものとできれば一番いいのです。

STEP4:収入アップを模索しよう

支出の一定部分を貯蓄に回すということは、以前よりも生活レベルを少し落とすということになります。

最初に金額目標を設定すると言いましたが、最終的には貯めるのが目標ではなくて貯めたお金で何をするか?が一番のモチベーションになります。

とはいえ、最初から外車を買うから1000万円貯める、という目標でもいいのですが、先が見えないと達成するためのモチベーションが保てなくなってしまいます。

それよりは10万円貯まったから旅行に行こうか、それとも30万円貯まるまで頑張ろうか、というふうに段階を追って目標設定したほうが実はうまくいきます。

こうするとお金が貯まっていくのが楽しくなるし、いい意味でだんだん欲が出てくるんですね。

そしてある程度貯蓄に余裕が出来たら、今よりも収入アップすることも合わせて考えてみましょう。

不思議なもので、お金に余裕が出来たら他のことにも手を出しやすくなるものです。

副業で細々と稼いでいたけれど、そのうち

お金が貯まる ⇒ 節税のためにとりあえず個人で会社を起こす ⇒ 本業より稼げるようになって脱サラ

なんてのはよくある話しです。

一番大事なのは方法論よりもいかに続けられるか

この記事に書いた方法も結局続かなければ意味がありません。
逆に言うと、どんな方法でも自分に合って続けられれば必ず成果は得られます。

当サイトでは副業を前提として、空いた時間を活用して収入を得るための方法も紹介しているのでこちらもご覧ください。

今よりお金を稼ぐには


-知って得する貯金術
-, , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP