就職にあたっての心構え - 快適クレジットカード生活

就職もしくは転職

就職にあたっての心構え

スポンサーリンク

私が就職した頃はバブルの絶頂期で、普通に就職活動すれば何社からも内定をいただけたものですが、氷河期と言われてはや何年、ここずっと就職が厳しい状況はあまり変わっていないようです。

加えて感じるのが、優秀との触れ込みで入社した新人が5年もすると半分も残っていない場合もめずらしくなく、私の周りだけではなく異業種の知り合いに確認しても同じような状況です。

一旦入社すれば現実的に転職は容易ではないため、就職活動は是非慎重に行いたいものですね。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

自分が本当にやってみたい仕事は何か自問自答してみよう

結局はこれに尽きると思うのですが、よく働いたことがないからやりたい仕事がわからない、って話を聞きます。それは当たり前ですね。私もそうでしたが。

逆に言うと経験がないのにやりたい仕事が見つかるわけはないので、まずは自分に興味がある分野、がいいと思います。

車であれば車の販売やメカニック関係、ファッションであればアパレルやデザイン関係など。

業界動向や会社規模も就職活動における重要な指標の一つに変わりはありませんが、個人的には好きな分野を第一に選択すべきではないかと考えています。

というのも、辞めていくほとんどの人の理由が異口同音ですが、’仕事を続けることが厳しいと思った’ なのです。会社そのものが原因じゃなく、結局は自分のやりたいことじゃなかった、と。

その言葉には若干の脚色があるかもですが、でも本音でしょう。辞めるのにうそをつく理由はありませんから。

就職はあくまで自立のスタートラインなので、いつまでその仕事を続けて生活を安定させ、かつ、キャリアアップを図れるかが一番重要なのですが、いくら業界が好調だとか会社が大きいからといって、全く興味のない分野の仕事を何十年も続けるのは難しいと思っています。

なので好きな分野をピックアップできたら、まず最初にその分野ではどのような職種があってどのような仕事をするのか調べてみましょう。

そうすると、何となく仕事に対するイメージが湧いてきます。

この下調べなくして大きな会社、業績好調な会社という選択肢のみで選ぶと、いざ入社したときに自分の思っていることと仕事とのミスマッチが起きますし、そもそもそれ以前に就職活動での面接でほとんど見抜かれてしまうでしょう。

’なぜ当社を選んだのですか?’ と聞かれた時点で、通り一辺倒の答えしか返せないと思います。

閑話休題。

好きこそものの上手なれ。主観ですが、就職活動において '好き' という要素は重要視すべき項目だと思います。

スポンサーリンク

流行りや話題の業界への就職は慎重に

流行りの商品やサービスを提供している業界への就職を考える人も多いと思いますが、重要視すべきは、その商品やサービスが長年に渡って世間に受け入れられるものかどうか、です。

過去からほとんど基本的な形が変わっていない業界もあれば、IT業界が技術革新のスピードを犬の成長の速さになぞらえてドッグイヤーと表現する業界もあります。

どの業界のどんな事業が生き残るのか見極めるのはとても難しいことですが、これまでどんな商品やサービスが流行り、そして消えていったか、消費者の立場にたってじっくり考えてみましょう。

それと流行りすたりが大きい業界だと、比例して会社業績の浮き沈みが大きいことが考えられますから、そのような業界に入る場合はある程度覚悟が必要なのと、そもそも将来も自分が必要とされるようにどのようなキャリアアップが図れるか、そしてそのキャリアアップと会社の事業や職種がマッチしているかを慎重に判断すべきでしょう。

中堅・中小の老舗もおすすめ

自分が就業したい分野で会社規模にこだわらないのであれば、その分野で長年事業を継続している中堅・中小企業はおすすめです。

世間的な認知度が低くても、業界内で必ず必要とされる事業の柱を持っていたり、ブランドを維持している会社は不況の波にも左右されにくいです。

◇事業内容
特定の商品やサービスに依存しすぎていないか
◇売上高の推移
継続的な成長を最低でも5年は持続しているか
◇悪い点
良い点ばかりではなくマイナスとなるような情報も入手できるか

最低でもこれくらいはチェックしたいものです。気になる会社にOBが在籍していると現場の声を聴けていいかもしれませんが、マイナスとなるような事は話してくれないかもしれません。

大手に比べて会社規模が小さいということは、基本的にそれだけ仕事の負担が増えるということですから、やりがいのある仕事を任せてもらえるのか、あるいは畑違いの仕事も兼務する必要があるのか、いずれにせよある程度は受け入れる覚悟も必要です。

企業のWebサイトチェックはもちろんですが、座談会形式で企業担当者から直接話を聞けるイベントもあります。いろいろ質問もできるので利用しない手はありません。是非一度参加してみてください。

即日内定イベント MeetsCompany

転職にあたっての心構え -まとめ-

就職できたからといって、将来が保障されるわけではありません。
大企業であろうが、巨額赤字やリストラせざるをえない状況に陥る可能性があるのは周知の事実です。

転職の可能性も視野に入れながら、まずは今の会社でスキルアップ・キャリアップを図りましょう。
仮に転職活動を始めたとしても、今の会社への不満だけが転職理由だとほとんどどの会社も雇ってくれません。
転職で必要とされる要件や心構えを紹介していますので是非こちらもご覧ください。
転職を成功させる秘訣


-就職もしくは転職
-, , , , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP