【クレジットカード比較一覧表付き】普段使いで持っておきたいポイント高還元クレジットカード

2019年9月29日

ポイント還元率が高いので、自分のライフスタイルに合わせて普段使いすれば自然とポイントを貯めることができます。

カード名 国際ブランド 年会費
(税抜き)
電子マネー機能 ポイント種類 ポイント還元率 ショッピング補償 付帯保険 発行元
VISA Master JCB AMEX 国内旅行 海外旅行
JRE CARD 477円
※初年度無料
JREポイント 0.5%-3.5% ビューカード
楽天カード
(通常デザイン)
無料 楽天スーパーポイント 1% 楽天カード
Orico Card
THE POINT
無料 オリコポイント 1% オリエントコーポレーション
リクルートカード 無料 リクルートポイント 1.2% 三菱UFJニコス

通勤・通学でJRを利用する人には絶対おすすめ!【JRE CARD】

jre-card画像出典:ビューカード(JR東日本グループ)

JR東日本が発行するカードで、最大の特徴はなんといっても

駅ビル・JRE MALLの優待店ならポイント還元率3.5%

の高還元率にあります。対象となる「JRE CARD優待店」はほぼ駅ビルに集中しているため、通勤・通学の帰りのちょっとした時間で食事やショッピングを楽しんだり、普段の生活でJRを利用する機会が多い人にはうってつけのクレジットカードです。

JRE CARDの主なポイント特典一覧

【貯まる】
◇駅ビル・JRE MALLの優待店ならポイント還元率3.5%
◇定期券の購入や、Suicaへのチャージでポイント還元率1.5%
◇JRE POINTは1ポイント=1円単位でSuicaにチャージ可能
【使える】
◇JRE POINT加盟店で1ポイント1円として利用可能

楽天ユーザーなら是非持っておきたい!【楽天カード】

rakuten-card画像出典:楽天カード

通常の買い物だと1%の還元が、楽天トラベル、楽天ダイニング加盟店の利用で最大2倍、楽天市場を利用すると最大3%の還元となり、

ネットでもリアル店舗でもポイントが貯まる

のが大きな特徴です。

楽天カードの主なポイント特典一覧

【貯まる】
◇楽天トラベルでポイント最大2倍
◇楽天市場のお買い物でポイント最大3倍
◇楽天Rakooの加盟店でポイント最大2倍
◇街の加盟店でポイント最大3倍
【使える】
◇楽天トラベルや楽天銀行など楽天のサービスで1ポイント1円として利用可能
◇加盟している街のお店で1ポイント1円として利用可能
◇楽天EdyやANAマイレージなどに交換可能(50ポイント以上2ポイント単位)

電子マネー機能も使いたい人は外せない!【Orico Card THE POINT】

orico-card-the-point-card画像出典:オリコカード ザ ポイント

入会後半年間はポイント還元率が2%となり、専用モールを経由すればAmazonやYahooなどのネットショッピングでもポイントアップします。一番の特徴は、

ID,QUICPayの2種類の電子マネー機能が付く

ところで、電子マネーとクレジットカードを統合したい人におすすめのクレジットカードです。

Orico Card THE POINTの主なポイント特典一覧

【貯まる】
◇オリコモール経由のネットショッピング(Amazon、楽天市場、Yahooショッピングなど)でポイント獲得
◇クレジットカード利用の買い物で100円につき1ポイント
【使える】
◇500ポイントからAmazonギフト券への交換や電子マネーWAONのポイントに移行可能

公共料金支払いでもポイント還元!【リクルートカード】

recruit-card画像出典:リクルートカード

ポイント還元率が常に1.2%で、買い物のみならず携帯電話料金など、

一部の公共料金の支払いにもポイントが適用

されるのが特徴です。

リクルートカードの主なポイント特典一覧

【貯まる】
◇どこで使っても1.2%の高還元率
◇リクルートのネットサービスでさらに高還元!じゃらんでの宿泊予約なら3.2%、ポンパレモールでのお買い物ならポイント還元4.2%
◇携帯・光熱費・定期もカードで支払うとポイント還元
【使える】
◇日常のお買い物や食事、旅行など、リクルートが提供するサービスでポイントを使うことができます。以下主なサービス。
・じゃらん(宿、ホテル予約、ゴルフ予約)
・ポンパレモール(ショッピング)
・美容(HOT PEPPER Beauty)
・グルメ(HOT PEPPER グルメ)
・有機野菜宅配(Oisix × Pontaポイント)