家計の管理

家計管理と予算の立て方

スポンサーリンク

家計管理をベースにして予算化することで、使えるお金の金額が分かるようになります。
いくらまで使っていくらまで抑えればいいのか。

予算の考え方としては 上手なライフプランの作り方 でも書きましたが、

実行して継続できる計画

を立てることを第一としてください。例えば必ず1食抜いたり趣味を我慢しなければならない計画だと途中で挫折する可能性が高いし、ストレスを溜めてしまうのでは何のために計画を立てているのか分からなくなってしまいます。

無理をせず、最初の月は5千円、うまくいったら次の月は1万円、半年間で5万円貯めることができたら次の半年は7万円に挑戦など。

最終的に具体的な目標、例えばマイホームの頭金を貯める、車を買い替えるなど、を立てるのはもちろん大切ですが、最初は単純に

1ヶ月でいくら貯める

から始めましょう。

予算を立てる方法

収入を把握する

月々固定で入る給料の他に、児童手当や年末調整で戻ってくる税金などがあります。
残業や業績に応じて変動する部分はおおよそで構わないので、若干少なめに引き当てておきましょう。

例えば月の収入が28万~30万円で、そのうち残業代が3万円~5万円だとしたら25万円~28万円の間で設定します。

支出とのバランスで貯金が一切できない月もあるかもしれませんが、次の月で家計簿を見ながら修正すればいいのです。

目標を立てる

冒頭にも記載しましたが、1ヶ月でいくら貯めるか、を決めます。

支出を予算化する

支出を予算化するとは、

支出を抑える費目を決める

ことです。食費や交際費は少し削れるけど、家族旅行のための積立は削りたくないなど、人それぞれ価値観があると思います。無理なくできる費目を選び、目標を達成するための支出額を決めましょう。

スポンサーリンク

予算を立てる時ポイント

年間を見越して計画する

月々の収入・支出を家計簿で管理しながら貯金分を調整するわけですが、毎月の支出だけではなく年間で一定時期に必ずある支出も計画に折り込んでおく必要があります。

・税金関係

・入学/就職祝い

・お年玉

・お中元/お歳暮 など

最初から支出が判明しているものは支出月でなくても家計簿に費目を記載しておき、月々の収入から引き当てるようにしておきましょう。

変動要素が多い収入はできるだけ少なく計画する

毎月一定の収入が見込める給料をベースにするのが基本ですが、残業代や賞与は基本的に変動要素が強いので、できるだけ低めに計画しておきましょう。

計画より多い場合は一旦繰り越しておき、次月でさらに調整します。

変動費の増減分は同じ費目の変動費で賄うように計画するのが基本です。

常に余裕を持たせる

目標額の貯金ができたとしても、すぐに実行に移すのは今一度良く考えましょう。

本当に今必要か

仮に目標額を全額支出したとして、翌月アクシデントがあったら固定収入では賄えない可能性もあります。

貯金とは別に常に調整のための費用を手元に置いておくイメージです。

当サイトで無料配布しているオリジナル家計簿では予備費としています。
家計簿ファイルのダウンロードはこちらから

家計管理と予算の立て方 -まとめ-

予算化が出来たら実行に移すのみです。貯金の基本は先取り。
無理なく貯金を続けるためのコツも紹介しているのでこちらもご覧ください。
知って得する貯金術


-家計の管理
-, , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP