生活水準をむやみに上げない

2016年7月19日

貯蓄ができたり収入が増えるといろいろなことにお金を使ったり生活水準をあげたりしたくなりますが、今一度よく考えてみましょう。

一度生活水準を上げると元に戻すのは難しい

一時的な外食や旅行ならいいのですが、もっと広いマンションに引越したり、高級車に買い換えたりなど、固定費や長期ローンが増えるようだとしっかり家計管理していないと後々行き詰ってしまうこともありえます。

生活水準を上げることを否定しているわけではなく、人生にはいくつか大きなイベントがあるので、事前に貯蓄目標を設定して一戸建てを購入したり、車を大型なものに買い換えるのはありですが、目先の欲に捉われてお金を使ってしまわないように、事前によく考えてみましょう。

それは本当に今必要なものですか

もしお金が足りなくなったなどの理由で生活水準維持できなくなったとしても、生活水準を下げるのはなかなかできることではありません。

・狭い部屋に引っ越す
・小さい車に買い換える
・塾や趣味を途中であきらめる
・外食を控える
・飲み会を断る

どれもストレスが溜まるばかりだし、将来に影響が出てしまうことも考えられます。

収入が上がっても生活水準は安易に上げない

まずは人生の大きなイベントに向けて貯蓄することを最優先で検討しましょう。

それに不意の出費がいつなんどきあるか分かりません。
欲しいものややりたいことが今すぐ絶対に必要と思えないのであれば、現状の生活を維持したまま人生の大きなイベントや自分の将来に向けての貯蓄や投資を最優先で考えましょう。

他人を気にしない

仕事関係や職場の人、自治会や近所の人、親戚や友達など、近しい人の近況をいろいろな機会で耳にすることがあると思います。

・海外旅行に行ってる
・車を買い替えたみたい
・家を買ったらしいよ

気になるかもしれませんが、気にする必要はありません。

・休みに子供をどこにも連れて行ってあげられなかったら学校で寂しい思いをしてかわいそう
・一人だけ持っていないとかわいそうだからスマホを買ってあげたい

そんな声は気にせず、目標のためにやり遂げる強い意志を持ちましょう。