続けられる貯金のコツ - 快適クレジットカード生活

知って得する貯金術

続けられる貯金のコツ

スポンサーリンク

お金が目に見えて貯まれば貯金がそれほど苦にはなりません。
貯金を楽しく続けるためのコツをいくつか紹介します。

500円貯金

誰もが知ってる貯金方法ですね。専用の貯金箱もたくさん売ってます。遊び感覚で他の貯金方法と併用して続けるのがいいんじゃないでしょうか。これ単独で貯金するとなると以外と難しいものです。

スポンサーリンク

小銭貯金

1日の終わり、寝る前に小銭を全て貯金箱に入れてしまいます。これも500円貯金と同様他の貯金方法と併用することをおすすめします。目標金額を設定するというよりは、どれくらい貯まるのか試してみるという感覚ですね。

つもり貯金

食後のデザートを我慢したり、時間に余裕があるときに1駅分歩いたり、買ったつもり、使ったつもりで浮いたお金を貯めていきます。

節約意識を向上させるのが狙いで、いくらお金を貯めるという目標設定はあえてせずに食事の節制のため、自身の健康のためと考えたほうが無理なく続けられます。

これも500円貯金や小銭貯金と同様に他の貯金方法と併用しながら進めましょう。

持ち歩く現金の額を決めてしまう

どんなに貯金があっても、財布に入れて持ち歩く現金の上限を決めてしまうのです。
私の場合は上限2万円ですが、普段の生活でこれだけあれば大体大丈夫という金額を設定してそれ以上の現金は財布に入れないように習慣づけてしまいます。

こうすることで、常に上限の金額しか財布にないという意識が働くから衝動的な買い物は抑えられるし、あまり乗り気じゃない飲み会やお付き合いに誘われても持ち合わせが無いとの理由でカドを立てずに断ることができます。

なお、現金と合わせて必ず最低1枚はクレジットカードも持ち歩いてください。

クレジットカードが果たす役割

でも記載しましたが、いざという時に持ち合わせが足りないのでは本末転倒です。

結果として出費がかさんでしまわないように、現金とクレジットカードをうまく併用することを意識しましょう。

通帳を持ち歩く

お金を貯める直接の方法ではありませんが、時間に余裕のある時に記帳したり貯金高を眺めながらやりたいことを思い浮かべると、モチベーションアップに抜群の効果があります。

意識を常に貯金に向けることで、おのずとその後の自分の行動が散財しないようにできるものです。

通帳を持ち歩くことに抵抗のある方もいるかもしれませんが、自分ひとりで楽しめばいいのです。

主観ですが、感覚的にはウィンドウショッピングに近いですね。
貯金額を確認したら、ウィンドウショッピングをしながら自分の欲しいものを再確認するのもおすすめです。

なんとなく時間潰しにウィンドウショッピングするのと、手が届く前提でウィンドウショッピングするのとでは気分のノリが全然違います。

是非一度試してみてください。

続けられる貯金のコツ -まとめ-

他にも様々な節約術やちょっとしたお得情報をまとめて紹介しています。あなたに合った方法が必ずあると思うので、是非参考にしてください。
お金と生活の知恵


-知って得する貯金術
-, ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP