転職を成功させる秘訣 - 快適クレジットカード生活

就職もしくは転職

転職を成功させる秘訣

スポンサーリンク

転職を成功させるためには転職先にとってあなたがどれだけ魅力的か、あなたのスキルやキャリア、そして人柄をどれだけ上手に伝えられるかがポイントになります。

ここでは、転職における心構えと成功させるためのポイントを説明します。

転職の心構え

明確な理由

将来に向けてのあなたのしたいことや考え、そして待遇が転職先の会社とマッチしているか。事前に整理しておきましょう。

明確なキャリア

転職先の会社にとって魅力的なキャリアがあるかがまず最初に問われます。

通常は職務経歴書にキャリアを記載しますが、これがしっかりしていないと書類選考で落ちてしまうことも十分考えられます。

読む側にとって分かりやすくアピールできるよう、5W1Hを意識しながら記載内容に漏れのないように準備しておきましょう。

明確なスキル

転職先の会社にとってどれだけ有用なスキルを保有しているか。
同じ業種や職種でも会社によっては保有スキルがマッチしないことも十分考えられます。

今保有しているスキルに加えて、将来取得したいスキルも合わせて整理しておきましょう。

異業種への転職は相当な覚悟が必要

「隣の芝生は青く見える」なんて言うこともありますが、異業種への転職はあなたの今までの経験が活かされない可能性が高いばかりか、仮に転職したとしても新人として一からキャリアを積まなければいけないでしょうし、収入にも影響があるでしょう。

よっぽどの理由と覚悟がない限り、異業種への転職はおすすめしません。

本音もほどほどに

今の環境に不満があるから転職を考えるわけで、人間関係、給与、仕事内容など、人によって不満の種類は様々でしょう。

あなたの受け入れを検討している側もそれは重々承知の上ですが、かといって現状の不満を口にするのは得策ではありません。

会社勤めをしている以上多かれ少なかれ誰でも不満はかかえているもので、現状の不満を口にしても前向きに見られないばかりかあなたの人間性を疑われてしまうので注意しましょう。

とにかく冷静に

本当に転職しなければやっていけないか、今の環境を改善する方法はないか、転職活動を始める前に今一度考え直してみましょう。

転職活動を始めれば本業以外にそれなりの負荷がかかるし、転職してしまえば基本的に元には戻れません。

後悔のないようにじっくりと考える時間を持ちましょう。

スポンサーリンク

転職で抑えておくべき3つのポイント

ライフプランを明確にして転職時期を逆算する

いくつになっても転職できるほど甘くはなく、人脈に頼らないで転職できるのはおおむね35歳くらいまでと考えておいたほうがいいでしょう。

雇う側も中途採用するには相当の覚悟が必要で、将来会社の柱となることを期待するわけですから一部の職種を除き40代になってしまうと人脈なしでの転職は相当困難です。

就職にあたっての心構え

でも記載しましたが、自分のキャリアアップをどのように考えておおよそいつまでに達成するか、自分でライフプランを練っておく必要があります。

会社があなたのライフプランを設計するのではなく、あなたが自分で考える必要があるのです。

基本的に会社は事業への貢献度合いによって昇進・昇給を決定しますが、それを決定するのはあなたではないので、意にそぐわない異動や降格・降級も普通にありえます。

どうしても我慢できなければ転職を考えることになりますが、明確なライフプランに基づいてキャリアアップを図っていないと、いつまでたっても転職できない可能性もあるのです。

現在の業種・職種でどんなポジションを目指すのか、そのために必要なスキルは何か、そしてそれらは今の会社で実現可能か、常日頃からよく考えておく必要があります。

転職での自分の目標を明確にしておく

転職が目的ではなく、転職によって今の会社では実現しえないものを得ることが目的のはずですから、それを明確にしておきましょう。

転職活動において、雇用側はなぜ転職しようとしているのか、その理由を明らかにすることを最重要視します。

前の会社への不満だけでは採用されるわけはなく、前向きな理由、そして何より転職先の会社にとっても納得できる理由である必要があります。

◇収入アップのため
◇目指す職種が前の会社では実現できないため
◇事業プランを実現したいため

ライフプランを明確にできていれば、実現のための転職、それによる収入アップは転職先を納得させるだけの十分な理由になりえます。

雇う側も雇用後に転職されるのを一番恐れているのです。

人脈を大切に

いつどんな形で人脈が役に立つかわかりません。
見ている人はあなたを見ているし、人付き合いがあったがゆえに有益な情報をいただけたり、お誘いを受けたりするのはよくある話です。

嫌いな人を無理に合わせる必要はありませんが、少なくとも同じ業界では人づてにあなたの評判が伝わりうることを常に意識しておいてください。

転職を成功させる秘訣 -まとめ-

転職が必ずうまくいく保障はどこにもありません。仮に転職によって今より環境が悪くなったとしても、普通は元の会社に戻ることはできないので転職はそれなりにリスキーであると言えます。

どんな大企業でも倒産やリストラの可能性がある以上、今の会社に加えて別の収入源を確保するのはごく自然なことと言えます。

今の会社に勤めながら兼業として収入を確保する方法も紹介しているので是非ご覧ください。
副業のポイント


-就職もしくは転職
-, , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP