水道代の節約術 - 快適クレジットカード生活

光熱費

水道代の節約術

2016/08/25

スポンサーリンク

水の使用量が多いところから節水するのがポイントです。
国土交通省環境省東京都水道局などから家庭における水の使用量のデータが公開されていますが、おおむね

◇お風呂
◇トイレ
◇炊事
◇洗濯

この4つで全体の使用量の90%ほどを占めることがわかります。
逆に言えば、この4つのポイントさえ抑えておけば節約になるということ。

ここではお風呂、トイレ、炊事、洗濯に分けて節約術を紹介します。

お風呂の水の節約

お風呂に張った水をいかに有効活用するかがポイントとなります。

浴槽には少なめにお湯を張る

少なめと言っても人それぞれ感覚が違うので一概には言えませんが、家族の中で一番体重が重い人に合わせてお湯を張りましょう。

水を入れたペットボトルを入れて水かさを上げる方法もありますが、リラックスできなかったりペットボトル自体も汚れてくるので、自分の好みで試してみましょう。

シャワーの上手な使い方

◇出しっぱなしにしない
◇暑い季節はシャワーのみで
◇節水シャワーヘッドを利用

髪や体を洗っている時はシャワーを止めるはもちろんですが、夏の暑い日はシャワーだけで済ませるのもいいですね。その際もシャワーは決して出しっぱなしにせず、髪を洗い流すときと体を洗い流すときだけ使うように心がけましょう。

それと節水シャワーヘッドは水が出る穴を小さくし、水圧を上げることによって使用感は変わらないのに50%前後の節水を実現する優れものです。

年間を通してシャワーの利用が多い人は是非利用しましょう。

残り湯を有効活用する

◇洗濯に利用する
◇ガーデニングに利用する
◇窓拭きなどに利用する

残り湯は多くの人が利用していると思いますが、残り湯などには人の垢が残っているため、特に洗濯に利用する場合は「洗い」のみで利用し、「すすぎ」は水道水を使うようにしましょう。

窓拭きに残り湯を利用する場合も同様で、最後の仕上げ磨きはきれいな水を使うようにしましょう。

スポンサーリンク

トイレの水の節約

◇大と小をちゃんと分けて流す
◇貯水タンクにペットボトルを入れる

貯水タンクにペットボトルを入れる場合は、貯水タンクの中でレバーに引っかからないかよく確認しておきましょう。

炊事の水の節約

◇シンクに水を溜めて洗う
◇洗い桶を使って洗う
◇食器のすすぎは水量を少なくする

水をシンクに貯めてまとめて洗うことで水道代を節約することができるし、洗い桶を使うことで桶にたまった水が余分な泡を洗い流してくれます。
そして食器をすすぐ時は水量を少なくしてすすぎましょう。

水道代をクレジットカード払いにする

クレジットカード払いにしてポイントの還元を受けましょう。

その他固定費の節約については、家計の改善は固定費の見直しから や下記カテゴリも参照ください。

お金と生活の知恵


-光熱費
-, , , ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP