クレジットカード利用時の注意点 - 快適クレジットカード生活

気をつけておくこと

クレジットカード利用時の注意点

スポンサーリンク

クレジットカードを利用する前にあらかじめ準備しておくこと、クレジットカードを利用する時に注意することがあります。

特に海外での利用はチェックが厳しいのと、言葉があまり通じないために誤った使い方をするとあらぬ疑いをかけられてしまうかもしれません。

どんなクレジットカードでも共通の事項なので、カードが手元に届いたら必ずチェックしておきましょう。

クレジットカードを使う前の注意点

クレジットカードの裏面には必ずサインをする

クレジットカードの裏面にも記載がありますが、サインを記載してないとクレジットカードが使えません。

またクレジットカードの所有者(表面にローマ字で記載されている人)と異なった人のサインも無効となります。

加えてクレジットカードの裏面に記載するサインは、クレジットカードで買い物をしたときに伝票に記載するサインと同じでなければならないため、普段使わないようなローマ字でサインすることはおすすめしません。

クレジットカードのサインは日本でのハンコと同じ意味合いを持ち、いざという時は筆跡鑑定で本人確認の材料とされるため、あなたが一番慣れている日本語でフルネームでサインを記載することを強くおすすめします。

また繰り返しになりますが、クレジットカードで買い物をしたときに伝票に記載するサインは、クレジットカード裏面に記載してあるサインと同じように書いてください。

サインが異なると極端な話、その場で本人確認のための証明書などの提示を求められるか、それもできないとその場で取り押さえられる可能性もなくはないです。

クレジットカード会社への連絡先とクレジットカード番号を控えておく

万が一クレジットカードを紛失した場合は、不正利用の可能性を考えて一刻も早くクレジットカードの利用を停止する必要があるのですが、いざそういう場面に出くわすと慌ててクレジットカード会社の電話番号を調べるのに手間取ったり、クレジットカード会社に繋がっても本人確認のために住所や電話番号を確認したりと余計に時間がかかってしまいます。

クレジットカードを紛失した場合は時間との勝負なので、スムーズに停止処理ができるようにクレジットカードが届いたらすぐにカード会社の連絡先とカード番号を控えておきましょう。

スポンサーリンク

クレジットカードを使うときの注意点

クレジットカードの所有者以外の人の利用は厳禁

クレジットカードは、カードの表面に記載されている人との契約においてのみ利用することができます。

他人はもとより、家族や親族であっても貸したりすることはできません。

もし仮にあなたのクレジットカードを借りて利用した人がお金を払わなかったとしても、支払い義務はクレジットカードの名義人にあります。

クレジットカードはカード会社から貸与されたものでもあるので、万が一でも他者に利用されないように管理はしっかりとしておきましょう。

クレジットカード裏面のサインと暗証番号は絶対にばれないように

今のクレジットカードはカード情報がICチップに記載されていてすぐにはスキミング(カードをスキャンしてカード情報を抜き取ること)できないのですが、技術的には可能です。

万が一スキミングされたとしても暗証番号情報はカードにないのですが、暗証番号とセットでカード情報を抜き取られるとすぐにクレジットカードを複製されて不正利用される可能性があります。

クレジットカードを紛失したのであればすぐに気づくので利用停止できますが、知らないうちにクレジットカードを複製されて不正利用され、請求が来て初めて気づく場合もあります。

不正利用であれば全額カード会社に補償してもらえますが、時間が経ってしまうと場合によっては不正利用を証明することが困難になることも考えられます。

暗証番号はATM機横に小型カメラを仕掛けて遠隔で盗み見たり、少し特殊ですが赤外線サーモグラフィを取り付けたiPhoneを使って暗証番号入力端末(キーボード)を撮影し、温度変化から暗証番号を推測する事例も公開されています。

iPhoneを使って他人のATMやクレジットカードの暗証番号を簡単に盗む方法

ATM機に小型カメラを仕掛けて遠隔で暗証番号を盗み見る事例は日本でも実際にあり、金融庁も注意喚起を行っています。

金融庁:あなたのキャッシュカードが狙われています

上記のような事例にかかわらず、キャッシュカードの暗証番号を入力するときは

入力する手とは反対の手で暗証番号の入力を隠す

ことを習慣にしましょう。

クレジットカードを目の前でスキャンしない店は即刻利用中止を

今どきそんなお店ないとは思いますが、一昔前はお店の裏でスキミングなんてことが行われていたものです。

万が一そんな場面に出くわしたら、すぐにクレジットカードを取り戻してお店を出ましょう。

クレジットカードの利用伝票は必ず保管

クレジットカードの利用伝票は引き落としが完了するまで必ず保管しておいてください。誤った請求の証明をするときに利用伝票がないと保険の適用が受けられません。

またクレジットカードで買い物をして後でキャンセルした場合は、必ず「キャンセル伝票」をもらっておいてください。万が一誤って二重請求された場合でも「キャンセル伝票」があれば、キャンセルしたことを証明できます。

万が一クレジットカードを紛失したら

クレジットカードを紛失したらすぐに最寄りの警察とカード会社に届け出てください。なおほとんどのクレジットカードには「カード盗難保険」が付いていますが、この保険が適用されるのは警察およびカード会社に届け出てかつその旨の証明を受けられた場合のみとなっています。

またクレジットカードの保管や暗証番号などの管理おいて、カードの契約者の不注意により「本人過失があった」と認定された場合は保険が適用されず、従って不正利用された場合の金額も補償されません。

クレジットカードを使うときの注意点 の項目でも記載しましたが、クレジットカードは

◇本人以外の手に渡らないように
◇暗証番号は本人以外の誰にも知られないように

管理しましょう。

知って得するカード活用術


-気をつけておくこと
-, ,

このボタンをクリックすると記事タイトルとURLがコピーされます。
メールやメモ帳などに貼り付けてご利用ください。

TOP