節約のすすめ

かかりつけの医者をもつ

病気やけがをしたときに、近くの医療機関に相談できるお医者さん(かかりつけ医)をもつことが大事です。

あなたの医療記録や身体の状態を長年に渡って把握することにより、誤診リスクの低減や何より安心感につなが ...